アルファロメオ ジュリエッタ 車検

車検のためお預かりしていたジュリエッタです。

ブレーキのオーバーホール、マフラーの交換などさせて頂きました。

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

appia HP

WEBER キャブレター (ジュリアスーパー)

DSC01175.jpg

ずいぶん前の整備になりますが、

1970年 アルファロメオ ジュリアスーパーのキャブレター調整です。

不具合内容は

・時々エンジン不調

・決まったプラグだけかぶり気味になる

・調整しても燃調が大きく狂うときがある

などです。

 

このキャブレターは少し前に2基ともリビルト品に交換されていて

外観もそこそこ綺麗だったので開けてなかったのですが

上記不具合もあり開けてみました。

 

 

DSC01168.jpg

 

DSC01174.jpg

原因はこれ↑赤丸の部分片側の爪が無くなっています。

内部に欠片も残って無かったので

おそらく前回組む時から無かったのだと思います。

またスターターバルブも動きが悪くスムーズに上下しません。

インマニに圧が掛かった時にチョークから圧が逃げ

スターターバルブが微妙に動きその位置で固定される。

これが原因だったようです。

 

 

 

アルファロメオジュリエッタスパイダー 足まわりの修理

足回りから音がするとの事で入庫したジュリエッタスパイダー。
ショック取り付けの所のプレートが割れていました。


割れていたのはペンでマーキングしたところで
半分以上亀裂が走ってました。
千切れなくて良かった〜(ーー;)


塗装を剥がすと錆が出てきましたので出来るだけ剥がして下処理。



熱で歪まないよう少しずつ溶接。


亜鉛コートで錆止め。


黒で塗装して完成(^o^)/


ショックの減衰力はオーナーさんの希望もあり
弱めに調整しました。
もう割れませんように。。。






appia  HP

アルファロメオジュリアスパイダー 車検

アルファロメオジュリアスパイダーの車検です。
オイル類、バッテリー、ブレーキマスターシリンダーなどを交換。
その他の作業も無事に終わりました。

5月は過ごしやすい気温でドライブにうってつけの季節。
快調に走ってくれることを祈ります。







appia HP

アルファロメオGT1600ジュニア HID

アルファロメオGT1600ジュニアのヘッドライトを
HIDへ交換しました。
HIDの白い光がどうも古い車には合わないというのが
オーナーさんも共通の意見、、、。

今回はオーナーさんが探してこられた
ケルビン数を少し抑えた黄色めのバーナーを使用しました。
これが大正解でシールドビームとほぼ同じ色になりました(^^)

アルファロメオ1600GTジュニア

交換前の光度は16,000cd、交換後は60,000cdまで上がりました。アルファロメオ1600GTジュニア

走行中の突き上げ感が強いとのことでフロントサスの減衰力調整もしました。




アルファロメオGT1600ジュニア スピーカー交換

1973年式、アルファロメオGT1600ジュニアのスピーカーを
カロッツェリア製からJBL製のものへ交換しました。
ETCも取り付け、さらに快適になりました。

交換前
アルファロメオGT1600ジュニアスピーカー

プレートを作りなおします。
アルファロメオGT1600ジュニアスピーカー

アルファロメオGT1600ジュニアスピーカー

交換後
アルファロメオGT1600ジュニアスピーカー

アルファロメオGT1600ジュニアスピーカー


appia  HP

アルファロメオGT1600ジュニア 納車整備

1973年式のアルファロメオGT1600ジュニア。
先日、無事に納車を終えました。
整備内容はブレーキオーバーホール一式、板金塗装、
オイル、消耗品類の交換など。

納車当日は山道を2時間程一緒にドライブし
運転、操作方法などをご説明しました。
乗り方がとても丁寧なオーナーさんで質問してこられる内容からも
『これから大切に乗って行こう』という気持ちが伝わってきました。
これからもどうぞ宜しくお願いします。
アルファロメオGT1600ジュニア

アルファロメオGT1600ジュニア




appia  HP






アルファロメオ ジャルディネッタ フューエルポンプ交換

定期点検と修理で入庫していた、アルファロメオのジャルディネッタです。

オイル、灯火類の点検、調整、清掃、クーラント補充、
バッテリー充電など、点検作業中。
アルファロメオジャルディネッタ

後ろから。
アルファロメオジャルディネッタ

あと、「ガソリンの臭いが室内にあがってくる」との事なので、
エンジンルームを覗いてみると・・。
フューエルフィルターからガソリンが漏れていました。
これが臭いの原因だったのですね。
フューエルフィルターを新しいものと交換しました。

新品のフィルター(左)とガソリンが漏れていたフィルター(右)
アルファロメオジャルディネッタ

フィルターの汚れが激しかったので、配管を清掃。
フューエルポンプとタンクの間にもフィルターを追加しました。

新たに取り付けた、電気式のフューエルポンプ。
アルファロメオジャルディネッタ

ガソリンを効率よく送るために、ポンプは出来るだけ低い位置に取り付けます。
アルファロメオジャルディネッタ







appia HP
















アルファロメオ ジャルディネッタ スプリング

修理整備で入庫していたアルファロメオのジャルディネッタです。

ダウンスプリングからノーマルスプリングへの交換しました。
リアは約4cm、フロントは約6cm上がりました。

あとは、テールゲートが閉まらなかったので、リアのヒンジを交換。
ヘッドライトはキャレロに交換、アーシングやウインカーの修理、
プラグの交換、エンジン調整などをしました。

(左)ダウンスプリング (右)ノーマルスプリング
アルファロメオジャルディネッタ

ノーマルスプリングは防錆塗装をしておきました。
アルファロメオジャルディネッタ



スプリング交換前。


スプリング交換後。見た目も乗り心地も大変良くなりました(^o^)


リアゲートのヒンジ。
左が新品ですがこのままではジャルディネッタには取付できないので溶接して延長しました。
少しでも強度が出るようにフラットバーで挟み込んで取付けました。


ウインカーとヘッドライトの修理。


こちらのジャルディネッタは、イタリアのパトカーだった車両だそうです。
アルファロメオジャルディネッタ

appia HP






 

ジュリア スパイダー キャブレター オーバーホール

キャブレターのオーバーホールも済み、試乗待ちだった
アルファロメオ ジュリア スパイダー。
道に残っていた雪もなくなり、ようやく試乗開始。
アルファロメオジュリアスパイダー
オーバーホール後、試乗しながらジェット類のセッティングをしていきます。