トヨタパブリカ ドア内張りの張替

パブリカのドア内張りの張替えです。

ドアの内張り張替前


プレートも腐って使えませんのでプレートから作り直します。


プレート完成!


ウレタンを貼っていきます。



完成!リア側。


ポケットとステッチを入れてフロント側も完成!
モールは再利用しました。






appia HP

トヨタパブリカ リアシート張替

パブリカのリアシートの張替です。


リアシート張替前

一度、張替えはされているようですが
かなり年数が経っているようです。






シートを分解すると中から
なんと、布団が出てきました。
使わなくなった布団を縫い合わせてカバーを作ったようです。

良い物を長く使い続ける!使える物は出来るだけ使う!
そんな事を意識しながらいつも作業していますが
この発想は無かったです。。。
お客さんにお渡しする物なので同じ事は出来ませんが
この布団を見て考えさせられる事が沢山ありました。。。


中のウレタンは痛みが激しく、修理が出来ない状態なので
高密度ウレタンに交換します。






フレームは錆を落として錆止め塗装をします。
スプリングは生きているようです。


錆止め塗装後。スプリングは大丈夫なようです。



座面を作っていきます。





リアシート張替え後

張替え完了!








appia HP

トヨタパブリカ フロントシート張替

パブリカのフロントシートの張替えです。


フロントシート張替前

ぱっと見は綺麗にみえるのですが、張りが無くしわしわの状態です。


裏側もこんな感じです。(ーー;)


裏面には色々な材料が使われているようです。。。


カバーを外したところです。
なかなか手ごわい感じです。(;一_一)


座面はクッション性がなくなっていて
激しく沈み込むので余計にしわがよります。


高密度ウレタンで修正したところです。




カバーもサイズがまちまちで合わないので
各部サイズを修正しながら根気よくカバーを作って行きます。(^o^)


フレームも錆が酷いので錆止め塗装をして
切れたバネなど修理していきます!


バネを修理しても沈み込みが激しいので
クッションベルトを4本追加しました。


座面を張り終えて何度か試し座りをしていると
気になる座りじわが多数入ることが発覚!!
沈み込みが多いことが原因でした。
既存のバネはほぼ効いていないようです。。。(ーー;)
結局、クッションベルトは計12本追加しました。
これで座り心地が格段に良くなりました。
はじめからこうすればよかった。。。(ーー;)




フロントシート張替後












appia HP

ジムニーSJ10 点検整備

点検のためご来店いただいたジムニーSJ10です。
先日は鳥取、次は四国へ乗っていかれるとのことで
その前に点検させていただきました。

デスビポイントの調整方法など説明中。

同い年の愛車との旅行を楽しむオーナーさん。
いつもありがとうございます。
ブログ掲載もありがとうございました(^^)


ホンダ 1300 ステンレスマフラーワンオフ作製!

サイドブレーキのワイヤー等もギリギリ(>_<)

フロントマフラーはまだ生きていましたので
出来る限り錆を落とし脱脂し耐熱塗装をしました。

ホンダ 1300 ステンレスマフラーワンオフ作製!

完成したマフラーですが
なかなか取り回しが複雑です(>_<)

ホンダ 1300 ステンレスマフラーワンオフ作製!

マフラーの出口はオーナーさんの希望もあり
2本出しに。

ホンダ 1300 ステンレスマフラーワンオフ作製!

取り外したリアマフラーです。
サイレンサーは穴が空いたというより
完全に開いてます(T_T)

ホンダ 1300 ステンレスマフラーワンオフ作製!

ホンダ1300のステンレスマフラーワンオフ作製!!
この車両はオーナーさんが新車時から大事に維持されている
ワンオーナー車です。
点検記録簿はもちろんのこと、自作の整備記録も作っておられ
何年に何を交換した等、グラフまで付けておられました。
頭が下がります(>_<)
マフラーはすでに3回位交換したとの事で
毎回リアマフラーのサイレンサーが腐るらしいです。
どうしても水が溜まるのでしょう。
オーナーさんの希望もあり
今回はステンレスで作製する事になりました。
ちなみに現状でエンジンを掛けると
もの凄い爆音がします(T_T)




マツダ コスモスポーツのスターター


コスモスポーツのスターターです。
たまに空回りする時があるとの事で点検した結果
オーバーランニングクラッチの不良と判明。
パーツの供給はもちろんありません(ーー;)
他の車種のパーツを組合わせて何とか組上がりました。