MG-Aの修理

先日、入庫していたMG-Aです。
塗装やパーツの交換などをしました。

グリル交換前


取り外したグリル、再メッキします。


再メッキ完了!


メッシュグリルの取付完了!



リア回りの板金塗装。
バンパーは取り外しオーバーライダーのみ取り付けます。
ナンバープレートの位置変更、穴埋めなどなど。


塗装完了!


オーバーライダーもブラケットを作製し取り付け完了!





新しいサイドカーテン。


何故か上手くはまらないので色々調整。
新品なのですが。。。(ーー;)






ピッタリはまりました(^o^)



MG-Aのお色直し第一弾完了です。





appia  HP

MG-B ハブベアリング

MG-Bのフロントハブベアリングです。
ローターを外したついでにグリスも詰め替えます。
この詰め替えが結構手間が掛かる上に
両手がグリスまみれになります(>_<)
そんな悩みを一気に解消できる工具があります。
アメリカ製だったと思いますが
価格も安いんです。
こういった工具は購入してみると
全然使えない!!(T_T) という場合が多いのですが
これは結構使えます!
紹介したかったのですが写真を撮り忘れたみたいです(-_-メ)
後日アップします。

MG-B セル回るけど掛からず 

セルは回るけどエンジンが掛からないとのこと。
見てみるとフューエルポンプが動いてませんでした。
ガソリンを直接キャブへ入れても掛からず。
点火系の点検へ。
ポイントを見るまでもなく
IGコイルの+に電源きてません。
ヒューズ???・・・・・・・・・・
結局IGキースイッチでした。
セルの接点はONするのですが
IG/ONの接点が外れて無くなってました(T_T)
キースイッチ内部のグリスが固着して動きが悪くなり
スプリングとボールが外れたようです。
写真は応急で付けた汎用のキーです。
シートの上にあるのが新品のキースイッチです。

手前が新品。奥が応急修理したスイッチです

MG-B クラッチレリーズ シリンダーO/H

シリンダーはまだまだ使える状態なので
インナーキットとクラッチホースを交換します。

MG-B クラッチレリーズ シリンダーO/H

MG-Bのクラッチのレリーズシリンダーです。
車を引取って帰る途中
踏みしろが少しおかしい???

MG-Bのブレーキジャダ

MG−Bのブレーキローターを外しているところです。
少しジャダが出ていますのでローター研磨します。

完成!!

MGミゼット1500・マフラー交換

MGミジェット1500のマフラー交換です。
ノーマルマフラーはサイレンサーに穴が沢山空いていました(ーー;)


1500用は汎用のマフラーがなかなか見つからず
在庫であった物を加工して取り付ける事になりました。
音もずいぶん良い音になりましたし、
抜けが良くなった分エンジンも良く回ります。(^o^)



MG−B 出張修理 2

持ち帰ったローターです。

内側の上、少し突起している部分が見えるでしょうか?
おそらくこの部分からデスビのシャフトへリークしているのでしょう。
念のためテスターで点検してみます。

見事にリークしてました(>_<)
以前にもヒーリーで同じ様な症状がありました。
そんなに古いパーツでは無いのに、、、疑問です?


MG-B 出張修理

お盆真っ最中、お客さんから電話があり
走行中エンスト、その後全くエンジンが
掛からないとのこと(ーー゛)
行って見ると確かにエンジンが掛かりません。
納車時に点火系の部品はほとんど新品に交換していたので
燃料系から点検!
フューエルポンプは作動OK。吐出量も問題なし。
キャブのフロートも異常なし。
燃料系は問題ないようです。
チョークもしっかり戻っていますしかぶった様子もありません。
う〜ん(ーー゛)ポイントかなぁ??
一番点検しやすい位置にあったIGコイルのコードで
火花を点検したら問題なく飛んでます。あれ?
プラグ手前で見ると、あっ!飛んでない!!
キャップ、ローター、と点検すると、ん?ローターが
なんか、おかしい

同型の中古のローターをたまたま持っていましたので
交換すると問題なく始動できました(^o^)
ローターは持ち帰りよく見てみます。

MG-B 〜内装作業完了〜

リアシート周りの内張りは全然傷んでいなかったのですが、
ドアの内張りが結構傷んでいたので新しく作りました。


内張りが取り付けられた車内です。
足元に作業用のカーペットを敷いたままの画像ですが…