appiaのレストア日記 / 京都のクラシックカー専門店アピア  

1950年から1970年代を中心とした欧州車のレストア・メンテナンスの過程や日々の様子を公開しています。
バンプラのディスプレッサー修理

バンプラのハイドロディスプレッサー修理のつづき。

 

 

DSC07587.jpg

漏れていたのはホースの付け根のカシメ部分でした。

本体部分は問題なし。

汚れ方からするとずいぶん前から少しづつ漏れていた様子です。

 

 

DSC07592.jpg

 

DSC07596.jpg

アンダーコートなど汚れを取り除いて下処理。

 

 

DSC07599.jpg

サンドブラストでさらに下処理。

 

 

DSC07628.jpg

DSC07626.jpg

本体を塗装しホースとジョイントは新たに作製して完成です。

バンプラはディスプレッサー廻りの部品がもう手に入らない為

修理が出来ないという理由で購入を懸念されている方も多いと思います。

が、しかし、実際に漏れるのは9割以上がホースやパイプなどからです。

ホースやパイプからの漏れはほとんどの場合修理できますのでご安心を!

 

 

 

 

11:18 | バンデンプラス プリンセス | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
バンプラのディスプレッサー修理

バンプラのハイドロサスの車高が左側だけ下がるという症状。

どうも左のリア側から漏れている様子です。

 

 

 

 

ホースの付け根辺りで漏れているようです。

 

 

足回りを分解し、ディスプレッサーユニットを取り外します。

 

 

内部を何度か洗浄しましたが汚れが酷いです。

もしかすると一度も交換されて無いかも、と思うほど。。。

この車両は内外装、機関ともに

何度もレストアされた形跡が無く

今まで見た中でもかなり程度の良い固体でした。

が。。ディスプレッサー内部はこんな状態。

故障がなければ放置されがちな部分ですが

車検毎など定期的なハイドロオイルの交換をお勧めします。

漏れの予防にもなりますので。

 

 

 

 

 

 

15:20 | バンデンプラス プリンセス | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
バンプラ 車検整備
バンプラの車検です。

マフラーの割れ修理

マフラーの状態は良いのですが、振動で亀裂が入ってしったようです。

下処理をしてから溶接します。

これで当分大丈夫です^^


ブレーキマスターシリンダーオーバーホール

本体は錆も無く状態が良いので、中身のみオーバーホールします。

ブレーキにマスターバックを取り付ける為、ブレーキパイプを作ります。

完成!



外観の写真を撮り忘れたので、、、以前、掲載した写真をもう一度^^;










14:10 | バンデンプラス プリンセス | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
バンプラ 車検整備
バンデンプラスプリンセス/Vanden Plas Princess
車検整備のため入庫しています。
バンプラ

ドア内側のウッドパネルを交換します。
リペアされた物ですが綺麗です。
バンプラ



ブレーキホースとホイルシリンダーを交換。


新品ですが中のグリスは詰め替えます。


オイル漏れの激しかったオイルフィルターとパッキンも交換。
その他ステアリングラックのオーバーホール等も完了(^o^)
バンプラ



17:20 | バンデンプラス プリンセス | comments(1) | trackbacks(0)| - | - |
バンプラ・シート張替え
バンプラ(Vanden Plas Princess)の本革シート張替え完了!
ウレタンの補正、ベルトの張替え、その他、、。
沈み過ぎだった座り心地が丁度良い感じになりました。
きっと新車はこんな感じだったんだろうなぁと思います。
これから革が馴染みどの様に育っていくのか楽しみです。
村上椅子さんありがとうございました。


リアシート取付完了
バンプラ・本革リアシート

フロントシート取り付け中
キズを付けない様に。。。
腰にきます(ーー;)
バンプラ・本革フロントシート

取付完了!!
バンプラ・本革シート
バンプラ・ピクニックテーブル
バンプラ・本革シート
バンプラ・本革シート
11:34 | バンデンプラス プリンセス | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
バンプラのあと付け熱線
LUCAS製の熱線のセットです。
当時物の箱に入っています。
熱線の接着剤がまだ生きているのか心配です。
バンプラの熱線

ゆがまない様に慎重に貼り付けていきます。
貼り直しは効かないので緊張します(ーー;)
バンプラの熱線
バンプラの熱線

接着力も問題なく綺麗に貼れました(^^)





18:22 | バンデンプラス プリンセス | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
バンプラ 1300 MK1 レストア完了
バンデンプラス プリンセス MK 1300 (Vanden Plas Princess MK 1300)
いよいよ、納車です。
バンデンプラス プリンセス MK1 1300

前日は念入りに点検し、車を磨きながら「頑張ってこいよ〜」と
声をかけて当日に備えます。
バンデンプラス プリンセス MK1 1300


当日、オーナー様は大阪からお越しくださいました。
冷え込んだので暖炉に火をいれ、じっくり説明等させていただきました。
あいにくの雨でしたが運転のレクチャーもかねて京都市内までお送りしお別れしました。
ご夫婦ともに喜んで頂けたようでなによりです。

この度は遠い所、本当にありがとうございました。
バンプラを末永くよろしくお願い致します(^^)
バンデンプラス プリンセス MK1 1300







 
 
19:46 | バンデンプラス プリンセス | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
バンプラ・スターターの修理
点検の為入庫したバンプラです。
綺麗なブルーですね(^o^)
スターター不良の為
新品に交換することになりました。

本来ピニオンギアの枚数は9枚なのですが
入荷したパーツは10枚ギアのものでした(ーー゛)
そのままでも問題無く回るらしいのですが
9枚の物に交換する事にしました。
新品セルモーターとピニオンギア
ピニオンギアをばらした写真ですが
部品点数はこれだけです。
モーターが回るとらせんのギアに沿って
遠心力でピニオンギアが引き込まれる構造です。
実に単純で良く考えられた構造です。
初めに作った人は天才ですね(^o^)/
ピニオンギア分解
17:15 | バンデンプラス プリンセス | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
バンプラ MKI 1300 スミスの時計
スミスの時計が修理から帰ってきました。
40年以上前の時計ですが元気に動くようになりました。
スミスの時計

タコメーターも一緒に取り付けました。
16:16 | バンデンプラス プリンセス | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
バンプラ MKI 1300 電動ファン取付
渋滞時のオーバーヒートを心配されていましたので
追加で電動ファンを取り付けることになりました。
まずは、ラジエターを取り外します。
バンデンプラス・プリンセス

通常つけるものより、ワンサイズ大きい電動ファンを取り付けました。
バンデンプラス・プリンセス
15:37 | バンデンプラス プリンセス | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |