appiaのレストア日記 / 京都のクラシックカー専門店アピア  

1950年から1970年代を中心とした欧州車のレストア・メンテナンスの過程や日々の様子を公開しています。
<< フィアット パンダ 納車整備 水温計取付 | TOP | フィアット パンダ 納車整備 グリル交換 >>
フィアット パンダ 納車整備 
納車整備中のパンダ。
タイミングベルト、テンショナー、ウォーターポンプ、水温センサー、オイルフィルター
エンジンオイル、エアーエレメント、フューエルフィルター、ファンベルト、プラグ
バッテリー、ブレーキホイルシリンダー、ブレーキオイルなどなど・・交換していきます。


走行27000kmですがウォーターポンプ漏れてました(-_-メ)


 

プラグは電極が3つのもに交換。


フューエルフィルターとバンドも交換。


反対側からエアーで吹くと真っ黒な場合が多いですが
この車両は凄く綺麗でした。替えなくても良かったかな(ーー;)



リアブレーキのホイールシリンダー交換。
新品ですが一度、内部を点検しブレーキグリスは塗り替えて取り付けます。
少しでも長持ちしますように・・。


キャンバストップの雨漏りも予防しておきます。




appia  HP
17:45 | フィアット | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://appia.backfire.pepper.jp/trackback/1015181
トラックバック