フィアット パンダ 修理

謎のエンストやブレーキの不具合で入庫していた、フィアットパンダです。
「ブログを見てappiaさんで見てもらおうと思った」と、
嬉しいお言葉をいただき、このたび初入庫となりました。

作業内容は、プラグ、クランクセンサー、ブレーキマスターバック、
ファンベルト、ドライブシャフトブーツ、フューエルフィルター、クーラント、
ミッションオイル、エンジンオイル、ブレーキオイルの交換など。
左ドアのパワーウィンドウレギュレーターも手動式へ交換。
それに伴い、ドアの内張りも新しく作製しました。

車をお預かりできるまで、ずいぶんお待ちいただいたオーナー様。
ありがとうございました。

これから頑張ってくれる新しい部品たち
フィアットパンダ

ドライブシャフトブーツ交換中
フィアットパンダ

マスターバック交換中
フィアットパンダ

作業前のドアの内張り
フィアットパンダ

内張りを外したところ
フィアットパンダ

パワーウィンドウレギュレーターの"ココ"が割れます
フィアットパンダ

手動のレギュレーター(左) 電動のレギュレーター(右)
フィアットパンダ

作成後のドアの内張り
フィアットパンダ

作業後のドアの内張り
フィアットパンダ








appia  HP
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL