ルノー4 クーラー外します

キャトルの点検修理ファンの逆回転のつづき。

クーラーを外します!
オーナーさんは真夏でも自宅でクーラーを使わないそうです。
キャトルのクーラーも「使わないので外してください」とあっさり。
キャトルのクーラー、、、賛否両論ありますが、
あまりにもまともに動いてない車が多いです。

これは取付方やプーリーの交換で改善出来ることもありますが
もともとの構造がカムプーリーから動力を取ってますので構造上無理があります。
(動力源の回転が普通の車の半分の回転数になるため)

それでも動かそうとするなら、プーリーの交換、コンプレッサーの交換、取付け見直し
オルタネーターの取付け見直し、コンデンサー&ファンの冷却効率見直しなど
費用を掛けて一気に修理すべきだと考えます。

中途半端に修理して、頻繁にベルトが滑り、充電不良になりバッテリーが上がり
オーバーヒートし、、、キャトルはそんな車だと思われるのは悲しい事です。

今回は、クーラーを外した代わりに扇風機を取付させて頂きました。
これで暑さ対策はばっちり!......かな?(^^;)?


外したクーラー一式。
 ルノー4

ウォーターポンプも交換。左が新品。



ウォーターポンプが付く部分です。当たり面を磨いておきます。


ウォーターポンプのプーリーです。
動力源が半分の回転数なのでここで異径のプーリーを使い増速させてます。


サンドブラストで錆びを落とし塗装。



順番に取り付けていきます。



いつもご夫婦で仲良くご来店いただくオーナーさん。
ありがとうございました。














コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL