フィアット パンダ キャンバストップ修理

フィアット パンダのキャンバストップ張替作業です。
さすがに20年近く経つと生地もボロボロです(ーー;)


リベットを外して分解。


錆びている部分を出来るだけ落とします。


今まで作業させて頂いた車両のほとんどが
内部はこんな感じに錆びています。
ひどい物は錆を落とすとフレームが使えないくらいボロボロに。。。(ーー;)
フレームはパーツ供給ありませんので
早めに錆止め施工される事をお勧めします。
キャンバストップ、リア側のフレーム部を触って
ボコボコ感があれば要注意です!


錆止め塗装完了!
変性エポキシ塗料を使っています。


こちらはフロント側です。




 
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL