BMW E30 ステアリングラックのオーバーホール

BMW E30 のパワステステアリングラックのオーバーホールです。

オイル漏れが激しくラックブーツを外すと

大量のパワステオイルが出てきました(-_-;)

まずは各部点検しながら洗浄→分解です!

DSC01441.jpg

 

 

かなり奥の方に打ち込まれたオイルシールもあり

抜くのに少し苦労しました。

症状はオイル漏れなので本体にキズや腐食が無ければ

シール類の全交換で対応出来ます。

今回は本体は大丈夫そう。ほっとしました。

DSC01465.jpg

DSC01467.jpg

 

 

今回交換するオイルシールやカラー、Oリングなどです。

漏れの一番の原因になっていたのは右上の2個のオイルシールですが

ここまで分解したので全て交換します。

DSC01470.jpg

 

 

このパーツだけで8個のOリングが入ります。

先の尖った工具しか入らないので

キズを付けないように慎重に作業します!

DSC01471.jpg

 

 

一通りシール類の交換が終わりましたので組み付けます。

DSC01477.jpg

DSC01485.jpg

 

 

完成しました!

ブーツを交換し取り付けてトーイン調整をしたら完了です。

うーん。それにしても単純でよく出来たパーツです。

僕たちは先人の知恵と努力で出来上がった物を修理させて頂くだけですが

何も無いとこからこのパーツを作った人は天才ですね。

そして27年間使っても本体が腐食してなくて

オーバーホールしてまた使えるところがホントに素晴らしいです。

また27年使えますように、と思いながら組みました。

DSC01488.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL