VW ビートル 〜シート〜

久々にビートル登場です!

付いていたシートカバーを取り外したところ。


クッションがへこんでしまった部分を補修します。
今回は、少し固めのウレタンを入れてフェルトで覆いました。


シートが昔ながらのシュロ(?)で出来ているので、底からパラパラと繊維が落ちます。それを防ぐための帆布を張り、ビートル,埜ていただいた白一色のシートを、ブルーグレーとの2色使いにしました。
座席下もこれで安心!





ボルボ アマゾン エステート

全塗装途中の写真です。
サフェーサーも塗れたので、いよいよ色が入ります。
エンジンルームに見えているのがボルボ純正のライトグリーンです。
全てこの色になります。




結局ダッシュボードもフロント・リア・ドア4枚も
ボンネットもリアハッチのドアも全て外してしまいました。
これですみずみまで作業がしやすくなります。


ボルボ アマゾン エステート

運転席のシートを外した状態です。

こちらが背側。
背の部分には破れがあります

こっちは座の部分です。
座の部分はクッションが悪くなっています

座の裏側に張ってあるゴムのベルトも硬化してヨレヨレになっています。
座の裏側のゴムもノビノビ

張り替える生地は、ボルボのオリジナルカラーで
今よりは薄い色合いです。
とてもキレイな色なので楽しみにしていて下さいネ!

ボルボ アマゾン エステート

ボッシュ製ダイナモのオーバーホールです。
オルタネーターへ変更しようと考えていたのですが、
状態が良かったのでオーバーホールする事にしました。
アルミの部分は無駄に光らないように真鍮のブラシで仕上げました。
その他もあまり目立たない様につや消しの黒に塗装。
分解した際にアマチュア・フィールドコイル等清掃して
ベアリングはグリスを補充しました。
ブラシは分解したついでに交換しました。
特にコンミュテーターの状態はよく溝も深く綺麗な状態でした。
最近の日本車に付いている物よりも品質が良いように感じました。
世界に誇れる日本の日立モーター・マブチモーターだったのに今じゃボッシュに負けているような・・・・・(-_-)
モーターの故障=assy交換の時代ですので、コンミュテーターなどの耐久性はあまり考えてないのでしょうか。
使い捨ての時代ですもんね。
でもアピアでは出来る限り古い部品を修理して使うという事を
頑固に続けていきたいと考えています。




ボルボ アマゾン エステート

内装のパネルをかたどる工程です。
今回はすごく汚くなってはいますが、形がある程度しっかりしているので再現しやすい方です。
でも臭いは結構すごい…湿気、カビなどの複合的“香り”でダウン寸前です。
画面でも臭いが伝わりそうでしょう?
モワ〜ッとカビの臭いがするパネル

今はまだパネルそのままの状態ですが、かたどり作業は完了!


BMWイセッタ 黄色

遅くなりましたが3月納車のイセッタです!
キレイな黄色がイセッタの可愛さを強調してます!


内装は黒で統一する事にしました。
ドア、運転席、助手席ともパネル板で仕上げました。
運転席側
助手席側

カーペットも濃いチャコールグレー。
車内は小さいのですが、複雑な形をしています。
シートを置く前のイセッタ内

運転席ペダル付近はこんな感じです。


見えにくいですがシートを置いたところ。
暗くて少し見難いですが…シートを置いて内装完了!

簡単なツールを入れるケースもオリジナルのを作りました!



ボルボ アマゾン エステート

いよいよ塗装と板金の作業に入ります!!
しばらく入院です。帰りが楽しみです。