ジュリエッタ・スパイダー・ベローチェ 修理

ブレーキホースはステンレスメッシュに交換します。

フロントのドラム内部、交換前です。
アウターブーツが硬化してカチカチでした。

新品のホイールシリンダーです。

リアドラムの内部、交換前です。

新品のホイールシリンダーです。

ジュリエッタ・スパイダー・ベローチェ ブレーキ オーバーホール


ブレーキが全く効かない状態で入庫しました(ーー;)

マスタンシリンダーの不良でしたが
ブレーキは全てオーバーホールする事になりました!

取外したマスターシリンダーと
新品のマスターシリンダーです。

アルファロメオ ジュリアスーパー シート張替

 
ジュリアスーパーのシート張替え、完成しました。
運転席です。
“引っ張り”の細工が効いてシートの形がキレイに出ています。


リアシートもキレイに仕上がりました!



アルファロメオ ジュリアスーパー ドアの内張り、張替

内張りは、大きな破れなどはなかったのですが
ボードが波打っている状態でした。


新しい内張りはシートと同じ生地で仕上げました。
助手席側のドアです。


後部座席のドアです。

アルファロメオ ジュリアスーパー シート張替

ジュリアスーパーのシート張替え作業中。

ステッチを縫うのと同時に、
その裏側で“引っ張り”のための細工を縫っていきます。

こちらは今回作った座席の裏側です。
この帆布の部分に棒を通して引っ張るときれいな形のシートが出来上がります。


アルファロメオ ジュリアスーパー シート張替

シートを外すと、フロント、リアともに
キレイな形を出すための引っ張りテープがたくさん施してありました。


さらにシート本体から外すとこのような状態です。
こちらはフロントの座の部分。

背の部分の内側です。


ステッチの本数も多くて内側の処理も複雑なので手強そう・・・
緊張しますが、やりがいがありそうです!!

アルファロメオ ジュリアスーパー シート張替

内装シート・内張りの張替です。
運転席・助手席のシートが全く動かないので
シートレールの修理も同時にします。

フロントシート(張替前)



リアシート(張替前)


内張り(張替前)


シートボトムプレートが完全にちぎれています。



アルファロメオ GT 1600 ジュニア 〜フロアマット◆

フロアマット仕上げのヒールパットも縫い付けました!
裏はゴム素材の厚手マットをビニールレザーでパイピングしてあるので
しっかりとした仕上がりになっています。


ヒールパットの色がグレーっぽく写っていますがブラックです。
車内に敷いたところです。



アルファロメオ GT 1600 ジュニア 〜フロアマット〜

フロントのフロアマットを作りました!
まだヒールパットを付けていませんが車内に敷いてみたところです。


アルファロメオ・ジュリエッタ  スタビライザー

1958年アルファロメオジュリエッタの
スタビライザーブッシュの交換作業です。
古い部品はカラーが内側にしか入っていなかったのに対して
新しい部品には、カラーが内、外両方入っていました。
強度がかなり改善されているように思いました。

プレスにかけて少しずつ圧入していきます。
交換後の乗り心地に関しては、
たかがスタビのブッシュですが、かなり良くなりました。
カーブに入った時の異音も全く無くなり小さなゴムブッシュの
影響力に驚かされました。