ボルボ アマゾン 

先日、ボルボアマゾンのオーナーさんが
遊びに来てくださいました。
ほとんどの整備はご自分でされるらしく
ダイナモ→オルタネーターへの交換までも
ご自分でされたとの事。
時にはバイクのエンジンオーバーホールまで。。。
驚きです。
運転は奥さん、修理は旦那さんだそうで
なんと旦那さんは免許を持っていないらしい。。。
アマゾンを普通に運転している奥さんも凄いけど
免許が無いのに何でも直せる旦那さんも凄い!
過去のアマゾン修理内容を聞いていると結構なものです。。。
元気一杯の御夫婦で、見てるこっちも元気になりました(^o^)
こんな感じで古い車を楽しみながら修理し
乗って下さるお客さんが一人でも増えると嬉しいですね。

もうすぐ塗装作業に入るアマゾンですが
三角窓やドア上モールの外し方の説明です。
アマゾンを自分で修理される方の何かの役に立てば幸いです。

今回説明するのは右フロントドアですが
写真は左フロントのドア上のモールです。
過去に無理に外そうとしたのだと思いますが
グニャグニャになってしまってます(ーー゛)
順番さえ間違わなければ簡単に外れるのですが
初めに外そうとするとこんな事になります。







ボルボ アマゾン  ガソリンタンク交換

内側も外側も錆びてしまっているので交換することになりました。
ボルボアマゾン

ガソリンタンクをおろしたところです。
ボルボアマゾンボルボアマゾン

ボルボ アマゾン リアシート完成!

カバーがすべて縫い終わったら、装着前にウレタンの補修をします。



底の部分の破れていた生地も新しくなりました。


パイピングを補修した部分です。ほとんど目立ちません。



リアシートは完成しました!

ボルボ アマゾン リアシート補修

肘置きの内側に隠れていた破れの補修です。
他に傷みもなく、この部分は肘置きで見えなくなるので
部分的に補修する事にしました。

裏生地をあて、めくれている生地を元に近い状態にしてボンドで貼り合せます。



その上をミシンで押さえました。

ボルボ アマゾン リアシートパイピング

パイピングも虫食いのような感じで所々破れていました。
小さな破れですが中の芯がむき出しになっている所もあります。



シートをほどいて、まずはパイピングの補修をしました。
今回は破れた部分だけパイピングをほどいて縫い直しました。

ボルボ アマゾン リアシート

リアシートが破れて生地もカチカチになっています。


外して真上から写すと中まで見えるくらいの大きな破れです。


底の布も破れていました。



肘置きを外すまで見えなかった部分にも破れが…。

ボルボ アマゾン リアウインドウ下

アマゾンリアウインドウ下部分のパネルとスピーカーの穴が開いたカーペットを作り替えます。
この様な状態でした。


まずはヨレヨレになっているパネルを作り直してレザーを張り替える作業からやり始めています。
外したパネルは、レザーは破れていないのですがベースがボロボロです。



作り直したパネルです。
これにレザーを張って元の場所に取り付けるのはレストア最終段階です!

ボルボ アマゾン カーペット張替え

カーペットと同じ素材でフロント足元のサイド部分も張り替えます。
元の状態は左右ともこんな感じです。


張り替えのパーツは出来上がっています!

ボルボ アマゾン カーペット張り替え 

ゴールデンウイークもあっという間に終わってしまいました。
ずっとお天気も良くて、皆さん楽しまれたのではないでしょうか?
私達はGW中も普段通りの生活でした…。

アマゾンのカーペット張り替え作業を進めています。
付いていたカーペットを外し何もない状態にして
各パーツの採寸をしているところです。


ボルボ940エステート フューエルフィルター 

ボルボ940のフューエルフィルターです。
オーナーさんの依頼で交換したのですが
見事にゴミが溜まってました(-_-メ)
以前ボッシュの講習会に参加した時
ボッシュの講師が日本のメカニックは
フューエルフィルターを替えない!!
と怒っていたのを思い出しました。